香港国際空港から常平への行き方

duia

香港国際空港から常平への行き方

投稿記事by duia » 2013年10月25日(金) 17:30

香港国際空港から中国の東莞市常平鎮に行くにはいくつか方法があります。
① 香港国際空港からバスまたはワゴン車サービス(SkyLimo)で常平に直接行く
② 香港国際空港から上水までバスで行き、鉄道で上水から深センを経由し常平に行く
③ 香港国際空港からマカオへ行き、珠海からバスで行く

Duiは乗り換えが面倒なので、いつも①のワゴン車サービスを利用しています。

常平行きのワゴン車サービスは永東、環島、華通の3社の様です。評判は良くないようですが、Duiはいつも華通を使ってます。理由はワゴン車の中国側起点が宿泊する匯華酒店から。

華通のワゴン車

画像

ワゴン車サービスのメリットは、香港/深センのボーダーで乗り降りせず車に乗って出入国ができ、香港国際空港から直接ホテルまで乗り換えなしで行けて楽なこと。
デメリットは、中国側に入ってから140kmで飛ばすことがありかなり怖い、狭い車内で知らない外国人と相乗りになること。前回は台湾人数名、シンガポール人数名と相乗りになりました。同じ車内にいると中国語で話しかけられ、これが結構ウザイ!

ワゴン車内の様子

画像

アルファードに乗客7人なので狭い! この状態で2〜3時間なので辛いです。

香港国際空港の中国本土行きバスとワゴン車サービスのチケット売り場は第二ターミナル3Fにあります。日本から到着した場合は、第一ターミナルの5Fに着きますので移動が必要になります。

香港国際空港内のMap

画像

ワゴン車サービスのチケットカウンターまでの移動方法

第一ターミナルのバゲージクレームから出たら、「往内地交通」表示を見つけて下さい。

画像

途中までは香港市内行きのエアポートエクスプレスのホームへの行き方と同じ

画像

エアポートエクスプレスのホームへの階段を上らず、「往内地交通」表示に従いエスカレーターを下ります。

画像

エスカレーターを下った所の通路を暫く直進すると第二ターミナルのバスターミナルに出るので、「往内地交通」表示に従い左に曲がります。写真の奥の扉を出た所が中国本土行きバス乗り場。

画像

少し進むと中国本土行きのバスとワゴン車サービスのチケット売り場が左手にあります。

画像

チケット売り場の前にはバスの出発案内表示があります。

画像

チケット売り場は、会社毎に分かれています。使うワゴン車サービスのカウンターで行き先を言ってチケットを購入してください。常平は片道200〜250RMBです。常平の英語表記はChangpingですので、カウンターでは「チャンピン」と言ってください。「とこひら」と言っても通じませんので。

チケットを購入すると「常」と書いたシールを胸に貼られます。シールは係員が見分ける目印になるので目的地に着くまで貼っておいた方がいいでしょう。ワゴン車の時間になるまでチケットカウンター前のベンチで待つように言われます。

チケットカウンターには中国の入国カード置いてありますので、待ち時間に記入しておきましょう。空港のチケットカウンターまでは英語が通じますので、中国語がわからない人は帰りのワゴン車サービスの手配やバスチケット購入などの質問はここで済ました方がいいでしょう。あと、トイレやタバコはこの待ち時間のうちに済ませましょう。ワゴンに乗ると2〜3時間外に出れませんので。

香港国際空港のホームページにワゴン車サービス(SkyLimo)のページがあるので見ておきましょう。使ったことはありませんが、このページからワゴン車サービスの予約もできるみたいです。
香港国際空港-SkyLimoページ

ワゴン車の時間になると係員が呼びにきますので、係員についてバス乗り場に移動してワゴン車に乗り込みます。乗る時ですが、早目にワゴン車の後ろ荷物を積んでとっとと乗り込みましょう。ぐずぐずしていると荷物を詰めなかったり、3人掛けの真ん中になったり、あまりいいことがないですから。

チケットを購入してワゴン車に乗ってしまえば、あとは簡単です。

車に乗ると運転手が中国の入国書類を配ります。チケットカウンターで貰えなかった時は、ここで入国書類を貰ってボーダーに着くまでに書いておきましょう。

香港国際空港を出発して30〜40分で深セン湾口岸のボーダーに着きます。

香港側のボーダー

画像

ボーダーに着くと運転手がパスポートを集めます。中国の入国書類もパスポートに挟んで運転手に渡しましょう。

最初のゲートが香港の出国審査になります。次のゲートが中国側の入国審査です。

画像

ゲートではパスポートの顔写真との照合があります。係員がパスポートを手に持ってこちらに見せます。自分のパスポートだったら車内で手をあげて係員の方を見てください。出国も入国も審査はこれだけです。両方の手続きが済むと運転手がパスポートを返してくれます。この時、パスポートが自分のかどうか確認してください。

中国側のボーダー

画像

両方のボーダーを抜けるのに、だいたい30分〜1時間かかります。混んでいる時は1時間半以上かかる時もあるようです。行きはホテルに行くだけなので多少時間かかってもいいのですが、帰りは飛行機の時間があるのでボーダー通過時間に余裕みておいてください。

ボーダーを通過したあとは、だいたい1時間程度で常平に着きます。飛ばす運転手だと1時間かからないでしょう。順調にいけば、香港国際空港から2〜2時間半で常平に到着します。

深センのボーダーから1時間程度で常平に着きます。

ホテルそばの常平大道

画像

華通の場合は、汇华饭店が終点。ホテルのエントランス前に付けてくれるので、フロントまで1分もかからないので楽です。美怡登酒店に宿泊する時でも隣なので、すぐに行けます。

汇华饭店のエントランス、ワゴン車はここに到着

画像

他のワゴン車サービスやバスの場合は汇美酒店で降りるようですが、使ったことがないので詳しいことはわかりません。汇美から汇华までは徒歩5分程度なので、荷物が多くないならどちら行きのワゴン車サービスでも問題ないでしょう。

中元街と常平大道の交差点

画像

中元街が常平の中心になります。


トピックを最後に上げたユーザー Anonymous on 2013年10月25日(金) 17:30

“東莞市の位置 ・ アクセスルート” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]