韓包子

toya
管理人
記事: 109
登録日時: 2011年12月04日(日) 00:52
連絡を取る:

韓包子

投稿記事by toya » 2018年6月23日(土) 22:50

画像

北方に狗不理、南方に韓包子!

“韓包子” (ハンバオズ)
餡は豚肉。食べた感じ皮は伝統的な老麺(酵母)で発酵させていると思われる。味は昔ながらの濃く、少し花椒が香る成都の味。肉汁も滴り落ちる。

まだ中華民国の時代、韓包子は成都で創立。約80年の歴史があり、
中華名物として老舗の称号:中国老字号にも認められています。

成都の朝飯といえば
 ・肉まん+豆乳
 ・肉まん+おかゆ(味なし)
 ・あっさり系の面
という3種類が普通です。

この肉まんなんといっても安い!!日本では冬になればコンビニにて一個100円以上しますが
中国は日本サイズの肉まんだと一個=2.5元(約40円)くらいです。

主な肉まんの具は鮮肉(xian rou) という豚肉のみはいったものになります。
されど侮るどなかれ、さすが肉まん発祥の国だけに日本のとは蒸し加減、味付け、肉汁など一段レベルが違います。

■鲜肉包子(肉まん)
ふっくらとした白い生地に大量の肉汁が隠されており、一口噛むとじゅわーーっと出てきます。
これぞ、求めていた肉まん!!手で喰うと肉汁まみれになるが、あぁーうまいから問題ないと許してしまう!!老若男女、朝の活力の源です。

画像

肉まんがうまいのは朝です。朝は出来立てを食べれるので、信じれらないくらいうまいんですが、
昼になるとどんどん劣化し、生地も固くなり味がガタ落ちします。狙いは朝です!!

画像

“グルメ・レストラン” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]