東莞サウナ 莞式ISO

Mo‐Gu

東莞サウナ 莞式ISO

投稿記事by Mo‐Gu » 2013年10月03日(木) 14:18

东莞の服務は基本的に多くの服務行程が組まれていて、他の桑拿とはちょっと異なるため、莞式ISOという専門の言葉があります。このISOというのは当然、国際標準化機構のことのパロディですが、それぞれの桑拿がオリジナルの服務をするのではなく、东莞全体で行われている地区全体の服務流程標準化の意味ですから、莞式ISOという紹介があれば一般的に东莞で行われている流程に従って服務をするという意味です。

莞式ISOの流れは珠海やマカオのサウナとはややちがっていて、きっちりと服務項目が原則として順番にあるところです。まず、最初に房間で跳舞があり、房間にある鋼管を使ってのポールダンスなどがあり、ここから順に服務をこなしていきます。

店によって服務の名前が異なっていることが結構ありますし、あまりにもたくさんの流程がメニューのような下のような紙に書かれていますから、どれが何なのかよく私もわかりません。時間もどれが何分なのか、いつ次の服務に移ったのかもよくわからず、技師自身も適当に流れを見ながら服務をこなしているような気がします。莞式ISOは服務36式というのが伝統的な流れだったようですが、最近はさらに細かな服務が増えて、38式や40式、多い店では50式になってきています。

画像

さて、服務の価格ですが、やはりきっちりと確認をしておくことはとても重要です。中国語がわからないといろいろとアピールすれば免費になるものが免費にならなかったりします。特に东莞を歩いているとよくわかるのですが、タクシーはメーターを倒さないことも多く、ちょっと油断するとすぐにボッタくられるようなところがあって、油断はできません。东莞の駅に着くとタクシーの客引きも激しく、ちょっと気が弱いとすぐに良心につけこまれてしまいます。このあたりは人のいい台湾と 全然異なり、極めて拝金主義ですから要注意です。取れるところからいくらでも取ろうとするところがありますから事前によく調べて自ら中国語でがんばって交渉しないといけません。

時々、観光客の日本人を見かけますが99%中国語ができないと言っても過言ではありません。だいたい、年配のおじさんたちが3~4人ぐらいでコソコソ相談しながらいるようなことが多いのですが、はっきり言ってかなり行政人員や經裡(店の経理を行い、女の子や房間を安排するマネージャー)にやりたい放題やられています。かなり押しつけみたいなことを言われていて(高い部屋しか空いていない、予約していないから部屋がないので、特別に用意をするので高くなる、高い服務費の女の子しか、今は空いていない・・・・)など、中国語で話していますから、私はよくわかります。観光で来られた方や初めて商用で来られた方は房間がなければ次の店に行くあてもあまりないし、時間をロスするのを嫌いますから、結局は彼らの言う条件になることがよくあります。ぜひ、事前にちょっと予習しておくだけでもちがいますから、行かれる方はがんばってみてください。

基本、私は东莞では一人か台湾人と行動しますから大変気楽です。常平ではなくて南城というあたりの桑拿にもタクシーやハイヤーで行くことがあって、こちらは日本人がまずおらず、客も少なめなのでかなり、ゆとりをもってすごすことができます。ただし、タクシーとの交渉や遠回りされないようにしなければいけないので簡単ではないです。

さて、基本的なことですが、桑拿は房費と女の子の服務費がかかります。まず、房費は300~600元ぐらいが多いのですが、予約を事前にしておくと免費になるところも結構あります。それと包夜(泊まり)になると房費価格が上がります(だいたい11時45分とか12時が多い)から、何時から適用かを確認しておいた方がいいです。

また、服務費も事前予約しておくかどうかで価格が異なることが多いので、店を確定している場合は予約がお勧めです。だいたいインターネットの宣伝サイト(桑拿網がいっぱいあります)に經裡の名前と電話番号が出ていますから、連絡しておけば大丈夫です。ただし、ここにも中国語の壁があります。近くならば迎えにきてもらうのも免費がほとんどですが、中国は極めていい加減でなかなか来ませんから、私はタクシーをやっぱり使ってしまいます。

コミコミのことを「全包」と言いますが、予約せずにふらっと言っても房費+服務費で合計1000元前後までです。今、1元が13円ぐらいですからどんなに良い子でも700元~1200元ぐらいまでに抑えるのがコツ(日本円で1万円から1万5千円ぐらい)だと思っています。安ければ全包で500元前後も十分可能です。安いレベルの子でも良い子はけっこういます。ただし、模特(モデルのこと)級の子のグループから選ぶと当然、高くなりますので注意が必要です。それと態度も高飛車のことが多いような印象があります。

画像は在房間の服務中の技師の様子です。东莞の情報は台湾の酒店とは異なり、極めて多いですから興味が有る方は探されるとすぐに見つけることができます。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

これは双飛の子たちです。双飛はとても多く、女の子も恥ずかしがらずに当たり前のように服務をこなします。気のあった2人組がいて、一緒に呼ぶと酒店と同じで楽しくすごしてくれます。

画像

画像


トピックを最後に上げたユーザー Anonymous on 2013年10月03日(木) 14:18

“中国東莞の風俗情報” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]