東莞常平 桑拿(サウナ)T台走秀

Mo‐Gu

東莞常平 桑拿(サウナ)T台走秀

投稿記事by Mo‐Gu » 2013年10月03日(木) 14:18

さて、 东莞の桑拿にはいくつかの特徴があります。T台(所謂T字型のステージが多いのでこう呼ばれているらしい)の秀(SHOWのあて字)があるところがほとんどです。桑拿の構造は店によってさまざまですが、全体につくりが大きく、女の子を並べて見せる時に階段に並べたり、入り口のホールのようなところに並べたり、様々ですが、大廳があってそこにちょっとしたステージがあって秀舞をすることが多いです。

この走秀が1日に3回あって午後3時から4時頃、夜の7時から8時頃、深夜の11時から12時頃にあります。この時にすべての女の子を並べるため、百花展などとも言っており、マカオの桑拿などと基本的には同じパターンです。ただ、いろいろなタイプの走秀があってそれぞれの店の特徴があるので、なかなか興味深いものがあります。

本格的な秀は結構、T台もかなり照明や装演に手がこんでいて、見ていてもなかなか飽きないように構成されていたりします。以下の画像はかなり、しっかりとした構成の秀を見せる桑拿の様子です。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

下の画像のように女の子たちが並んでいたり、すわっていたりするだけの店も多いです。ちょっと歩いたりはしますが変化に乏しく、なぜこれが「走秀」なのだろうと思うこともありますが、顔見せ重視という路線と理解しています。

画像
画像

ダンスに自信のある子がメインの跳舞を見せ、あとの子は顔見せ的な秀も多いです。

画像
画像
画像
画像

ファッションショータイプの秀は一番主流です。女の子たちもモデルのように歩きますね。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

台北の制服店と似ていて、コスプレなどテーマを決めての秀もけっこうあります。

画像
画像
画像

走秀の後は百花展となり、ポーズをとった子たちがズラーッと並ぶのが通例です。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

次の画像は一番よくあるパターンのぞろぞろとT台(ステージ)の上を歩いてアピールするという走秀。回転寿司のようにめまぐるしく大量の子が動きますから、もし、気になる子がいたら、番号を素早く覚えておかないといけません。実際にはこれで決めるのは至難の業。どんな感じのレベルの子たちがいるのか、概略をつかむという感じです。

画像
画像
画像
画像

しかし、一応走秀の時は空いている女の子が一同に集まりますから、なかなか大廳は盛況になります。大規模な店では大変な混雑になり、気が弱かったり、決断が遅かったりすると良い子はどんどん指名されてしまいますから、言葉ができず、雰囲気に圧倒されていると完全に出遅れてしまいます。

画像はT字走秀の時に出てくる技師を見る客人の様子です。躊躇しているとどんどん指名されてしまいますが、その必死の様相を見ていたり、表情を見ていると人間の本質がよくわかります。私は基本的に見るだけが多いです。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

私自身はちょっとこのようなギラついた雰囲気は好きではないので、桑拿に行く場合はまったり系の店に行き、大廳にフラフラしている子たちと話をしながら気が合う子がいたら、お願いするということが多いです。いつのタイミングでも空いている子を見せてくれますし、並べてくれますが、結構女の子たちもフラフラしていますから、中国語ができれば、コミュニケーションをとることができるので、性格の良い子を見つけることができます。総じて性格の良くない子が多いように感じる(服務は一生懸命なのだが、客は所詮、金のなる木と思っているような感じがある)ので、話しかけることは私にとっては重要です。従って走秀で他の客と争って女の子を取り合うようなことは、今はまったくなく、秀を見ているだけが多くなりました。

下の画像は桑拿の中を客がなくてフラフラしている子たちの様子です。並んで顔見せする時の集合・解散が極めて適当なので、よくわからないのですが、誰か歩いていたりします。話しかけるととにかく指名して欲しいので、一生懸命アピールしてきますね。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

下の画像のように大量に待機室に座っている女の子から選ぶのも、なかなか最初慣れないとできませんが、まったく女の子は平気でなんとも思っていませんから、よく見て少し話をして選べば間違いが少ないように思います。ただ、一斉に視線を浴びるので、気の弱い人や中国語がある程度できないとちょっと厳しいかもしれません。空いている女の子を並べてもらった方がいいかもしれませんね。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

台北と同じで私自身は女の子のキャラクターを重視してるため、あんまり桑拿はそのあたりの選ぶ視点が弱くて積極的には行きません。特に台北では駐在した最初の頃に行っただけで、出てくる女の子の質もそれなりでしたからまったく行かなくなってしまいました。しかし、 东莞に来るとあまりの数の女の子に圧倒されますし、女の子を見る楽しみがあるので、めったに来ることはないし、1日目の夜は行くことが多いです。それと女の子を争って選ぶ中国人や香港人の様子もなかなか興味深く、人間の欲望の奥深さを感じますから、結構楽しめます。

桑拿でどのような服務があるかを順々に私が思ったことを中心に紹介していきたいと思います。


トピックを最後に上げたユーザー Anonymous on 2013年10月03日(木) 14:18

“中国東莞の風俗情報” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[2人]