成都 旅行・観光ガイド • 杜甫草堂 (とほそうどう)
ページ 11

杜甫草堂 (とほそうどう)

Posted: 2018年6月14日(木) 14:09
by toya
杜甫草堂は唐代の詩人-杜甫が成都に住んでいた時の住居です。759年から約4年間、杜甫は安禄山の乱を逃れるために成都に移り住み、絵のように美しい街の郊外にある浣花溪のほとりにあばらやを建てて質素な生活を送りました。彼の全作品1400首のうち、代表作を含む247首がここで生まれました。唐末期には杜甫を称えるためにあばらやの跡地に草堂が建てられましたが明代になり再建されて今日に至っています。

Google マップ
https://goo.gl/maps/Pwkg3FgGTdK2

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像