石造りのゴシック建築 広州の石室聖心大聖堂

CNS

石造りのゴシック建築 広州の石室聖心大聖堂

投稿記事by CNS » 2019年5月23日(木) 12:31

画像
© CNS/陳驥旻 石室聖心大聖堂の正面(2019年4月17日撮影)。

【CNS】中国・広州市(Guangzhou)の市街地に建つ石室聖心大聖堂(Shishi Sacred Heart Cathedral)は、1863年6月18日の聖体の祝日(Corpus Christi)に建築の定礎が行われた大聖堂で、それにちなみ聖心大聖堂と名付けられた。壁や柱のすべてが花崗岩で造られているため「石室」とも呼ばれる。

画像
© CNS/陳驥旻 上空から撮影した石室聖心大聖堂(2019年4月17日撮影)。

この大聖堂はカトリックの広州教区最大の教会で、世界に4か所あるすべて石造りのゴシック建築様式の教会の一つでもある。1996年に中国の重要文化財に指定されている。

画像
© CNS/陳驥旻 上空から撮影した石室聖心大聖堂正面(2019年4月17日撮影)

画像
© CNS/陳驥旻 石室聖心大聖堂の正面(2019年4月17日撮影)

画像
© CNS/陳驥旻 石室聖心大聖堂内部のステンドグラスの天窓(2019年4月17日撮影)

画像
© CNS/陳驥旻 石室聖心大聖堂の内部(2019年4月17日撮影)

画像
© CNS/陳驥旻 石室聖心大聖堂の内部(2019年4月17日撮影)

画像
© CNS/陳驥旻 上空から見ると十字型をした大聖堂(2019年4月17日撮影)


トピックを最後に上げたユーザー Anonymous [ 2019年5月23日(木) 12:31 ]

“広州 旅行ガイド”に戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]